コンテンツへスキップ

ガソリン

●友人の矢口敏和が言うには??

最近はガソリンが高騰してしまっていて困るという事を感じる人も少なくは無いでしょう。
友人の矢口敏和も強く言ってるのですが、このように個人が最もその影響を受けるという事は分かっているのですが、これを報道しないメディアも問題だと考えて良いでしょう。

※こちらも参考・・・矢口敏和のこれまでに行った一番高い投資

単にガソリン価格が上昇して困る人がいるというように報道するだけで、その内容については報じる事はありません。
ですからこれは防ぎようがないことで、どうしようもないというように諦めてしまうという事になっているわけです。

ですが、当然のことながら諦めるような事では無く、むしろ積極的にこうした事が起きないようにしていくという事を考えなければなりませんから、今のメディアの報道姿勢というものが問われなければならないと考えて良いかもしれません。

ガソリン価格が上昇してしている時にはまず間違いなく石油価格が上昇していますから、これによって発電をしている電気はまた値上がりするという事になるという事です。

これが如何に生活を圧迫することになっているのかは言うまでもありません。
ガソリンの場合は特定の人だけという事にもなりますが、電気という事になればもう全ての人が使用しているわけですから、この料金が高くなるという事は如何に生活を圧迫することになるかという事はまず報じなければならない事だといっても良いでしょう。

●メディアの報道に問題あり?

その理由が火力発電という石油に頼りっぱなしの発電方法という事になっているからということになれば、それで良いのかと疑問を投げかけるような事もしなければならないはずです。

ですが、そのような事をしているメディアは一つも無く、単に石油関連商品の値上がりが続いていますという報道で終わってしまっているわけですから、これではメディアの存在価値は無いにも等しいどころが逆にどうでもいい事を伝えていて、本質から目をそらせるという事をしているので邪魔な存在とすら言えるのかもしれません。

本質は石油関連事業の値上がりにあるわけですから、石油に頼らない事業を考えなければならないという事になります。
例えば原発を再稼働させるというような事は当然考えに入ってくる事になるでしょう。

これから作るというのであれば別ですが、既にあるというものを無理やり止めているというのが現状で、それが原因となって石油が高騰すると電気代が上昇してしまうという事になっているわけですから、それなら再稼働させて電気代を安くしてくれという事を考える人も少なくはないでしょう。

何故なら既にあるわけですから、安全対策をしっかりとして安全に動かしてもらって電気代を最大限に安くしてくれるという事は有り難いことだからです。
こうした事が出来るにもかかわらずにそれに触れないメディアの罪は重いという事も言えるでしょう。

それでいて値段が上がって困った人が多くいるというような事を報道し続けているわけですから、その存在価値というものは全くありません。

●石油値上がりに対して何も対策をしていないのが問題

基本的にこのような石油の値上がりの影響をもろに受けるという事自体が問題なのですから、それを解決する策というモノを考えていなければならないのですが、それをしていないという事も問題でしょう。

単に値段が上がって困るというだけの事では、何も解決することはありません。
困る事があったのなら、それを解決する方法を考えて実践していかなければなりません。

今のメディアはこの問題が起きていることの報道はしても解決策も示さなければ、提案も無いというわけですから困ったものです。
ただ問題だ問題だと騒ぐだけなら誰でも出来ますから、そのような事をしていてはいずれ存在価値を失ってしまう事になるでしょう。
既にもう要らないというように言っている人も多数出てきています。

原発の再稼働などをすれば、安全の問題が出てくるという反対意見は当然の事ですが、それはこれまでの考え方を継承して、安全性をさらに追及して不測の事態を常に備えて運転するという事で解決させることも出来るはずです。

世界中には稼働している原発はいくらでもあって、事故も起こさないで運転できているわけですから、やり方次第で出来るという事は証明されているところでもあります。

リスクがゼロになるという事はないわけですから、どこかで妥協をする必要性という物はありますが、必要以上に妥協のない要求をしてしまって、怖いから蓋をしてなかったことにしてしまうというのは極めて短絡的でもったいない事をしているという他ありません。

これだけ石油価格の上昇を受けて、さまざまなところに影響が出てきているわけですから、その事からも目を伏せて見ないようにするというのは逃げでしかありません。

逃げで問題が解決される事はありませんから、この問題には正面から向き合う事が必要で、石油価格の上昇にもある程度は強い日本というものをこれからは考えていく事も大切なはず。
これを考える事をしなかったので、未だに日本はこのような事になっているのですからその教訓を活かすことが肝要です。

1.枕選びのポイントは素材

枕は睡眠の時には欠かせないものの1つです。
違うものでは眠ることができないという人も多くおられますし、睡眠に大きく影響を与えるものと言っても過言ではありません。

枕は基本的に素材や高さ、構造から選ぶことになります。
まず素材ですが、使われている素材は本当に様々です。

それぞれの素材にメリットとデメリットがあるので一概にどれがいいということははっきりと言えませんし、人によって合うものや合わないものが違ってきます。
メリットとデメリットをしっかりと理解してから購入することが大事です。

枕選び
画像引用:枕 選び方

低反発ウレタンのものは通気性、頭をしっかりと支えてくれるというメリットがあります。
また柔軟に変形してくれるので、あらゆる頭の形にも対応してくれとても気持ちがいいと言っている人が多いです。

しかしデメリットもあり、室温が高いと固くなってしまいますし、通気性もよくないので夏場はどうしても暑く感じてしまいます。
水分にも弱いので汗を吸うとそれだけ劣化が早くなってしまいますし、水洗いができない商品がほとんどなので衛生面で不満を感じる人が多いです。

私もこの低反発ウレタンのものをしばらく使っていたことがありますが、通気性が悪くて夏場は寝苦しいと感じることがたびたびありました。
またやはり汗を吸う分劣化が早いので、すぐに汚くなってしまいどんどん高さがなくなっていった記憶もあります。
いい面もあるのですが、私の個人の意見ではあまり好きではないという感じでした。

2.高反発は寝返りが打ちやすいが値段が高め

次は高反発のものです。
こちらは硬さがあるのもなので寝返りがとても打ちやすいです。
室温の変化で硬さが変化しないのも魅力の1つですし、通気性がいいので夏場でも暑苦しさを感じることがありません。

でもこちらにもデメリットがあります。
それは他のものと比べると金額が高い傾向にあるという点です。

気軽に買い替えようと思ったのに、想像以上に金額が高くて躊躇してしまうという方も多くおられるようです。
さらにこちらも低反発ウレタンと同じで水洗いができない商品が多いです。
水洗いを頻繁にしたいという人にはあまりおすすめではありません。

さらに羽毛枕もあり、こちらは通気性がいいですし保湿性にも優れているものになります。
2年から3年の間使い続けることでやや潰れてくるのでどんどん使い心地がよくなるというメリットもあります。

しかし羽毛のものにもデメリットがあり、水洗いができないという点と柔らかすぎるので首をしっかりと支えることができず、人によっては首が痛くなってしまうという点です。

3.そば殻の枕は値段は安いがメンテナンスが面倒

あとはそばの実を乾燥させた、日本では昔から愛用されている素材で作られたものもあります。
こちらは通気性がよく柔軟性に優れていて、どんな頭の形にもフィットしてくれます。

またこのそばの実で作ってあるものは比較的安い金額で購入できるので、気軽にお昼寝用などで購入が可能です。
そばがら枕のデメリットは、そばがらが潰れてしまい粉が出てくるという場合がありますし、そばアレルギーの人は使うことができません。
さらにこちらは定期的にきちんと天日干しをする必要もあるので、面倒臭がりな人には向いていない可能性があります。

小型ビーズでできたものは頭の形とか首の高さに合わせて形が変化してくれるので眠りやすいというメリットがあります。
また適度な堅さもあるので寝返りが打ちやすいですし、わたとか低反発素材に比べたらへたりにくいです。
小型ビーズのデメリットはやや高価な商品が多いので気軽に購入できなという点です。

4.枕の理想的な高さは?

次に高さですが、その人にとって最適な高さというのはその人の体型とか体格によって違ってきます。
理想は仰向けに寝ていても、立っているときと同じ姿勢になる高さと言われています。

仰向けになって頭を乗せた時に喉とか首筋に圧迫感がないか確認をすることが大事です。
さらに理想の高さを数値で表したら、床にお大して首の角度が15度になるくらいということです。

もしも気になる場合は第三者に協力してもらうことで自分にぴったりなものが選びやすくなります。
和風の敷布団とか固めのベッドの場合は沈み込みがないためこのような選び方をしたらいいですが、柔らかめのマットレスを使っている人は体重で沈むことがあるので、1㎝くらい高いものを選ぶといいです。

枕の構造ですが、適度な高さがあって頭が沈みこみすぎないことや、表面が平で寝返りが打ちやすい、60㎝くらいの幅で寝返りを打っても頭がはみ出さないとか、適度な重さがあって寝返りを打ってもずれないというものが理想的と言われています。

買い替えを検討している時には、これらのことに留意しながら選ぶことがおすすめです。

枕の目的というのは、横になった時にお布団とかマットレスと頭の間を埋めることです。
もしも合わないものを使っていたら、肩こりとかいびきや顔のむくみを引き起こす原因になったりするので注意が必要です。
素材とか高さや構造に着目して自分に合ったものを選ぶことがとても大切です。

1.インターネットが起こす風評について考える

パソコンやなスマホなどの普及ということでITの世界がどんどん広がっていますが、同時にITの世界ではそれまで予測できなかったような良いこと悪いことが同時に広がっています。

ITのおかげで生活にとって便利なことや役立つこともたくさん増えてきていますが、反面思いもつかなかったような様々な悪いことも起きてきているということもあります。

悪いことの一つが、インターネットが起こす風評であり、瞬く間に大きな影響を及ぼすことから風評被害という無視できない事態も発生しているのです。

風評被害のはじめの頃は、特定の企業に対する恨みつらみや反感あるいは対応の冷たさなどから、商品やサービスに対する悪い評判を立て営業面で妨害とするというようなことがありました。

有名人が取り合ってくれないという逆恨みから。あることないことを綴り、誹謗中傷ということもありました。

最近に至っては、こうしたことに対しての防御の手段も講じられるようになってきたので、ある程度鎮静化しているということは言えますが、自分や自分の企業が被害者になってしまうこともあり得るので、一応の知識として発生する経緯や対策は心がけておく必要があるというものです。

2.人権侵害・風評被害・誹謗中傷などの問題が深刻な時代に・・・

ネットでは自分の本名や顔を示すことなく意見や主張をすることが可能になっています。

もちろんサイトによっては実名でなければ受けつけないというところもありますが、個人のプライバシーを守るという意味もあって、匿名でも大丈夫というケースが多いのです。

いわばそのことがインターネットの普及を促進したわけなのですが、同時にそのことを悪用する人もいて人権侵害・風評被害・誹謗中傷などの問題が発生したということになります。

根拠のないことを汚い言葉で書き込んだり、誤った事実を基にして誹謗中傷したりするケースもあり、読む人もこうした場合は眉唾物として受け取りますが、最近は言葉は丁寧であり、非難するにしても事実らしきことを並べてしかも冷静な文章で書くので、読む人も信用してしまいそうになるものが多いということが特徴として変化してきています。

そうなると掲示板などでのその記事は信用性が高くなり、瞬く間に広い範囲に広がるということになります。

3.根も葉もないことであっても瞬く間に拡散し事実として一人歩きしてしまう

社会現象などでも記憶の新しいところでは、原発事故の影響で福島県を中心とした被災地産の食品への風評被害が続いてたということを承知している人は多いはずですが、根も葉もない噂により経済的な被害を受けることもあります。

被災地産の食品の販売量の落ち込みから、仕方なく廃業する農家が出るなどのことも実際問題のこととして起きているのです。

一番怖いのはネット社会では、根も葉もないことであっても瞬く間に拡散し、事実として一人歩きしてしまうということなのです。

そして日本人の特性とも言えるのですが、そうだそうだという同調精神が根底にあり、違う見方はしないとか、そんなことはないはずだという否定的なことを主張するということは、めったにしないということから、増長していくということになりやすいということが言えます。

4.誹謗中傷等の書き込みを見つけたときの対処法

ではそうすればいいかということですが、誹謗中傷等の書き込みが出たら、その内容を確認し、その掲示板などのURLをコピーしペーストし、内容とともに保存することです。

その次に掲示板等の管理者に削除依頼をします。
掲示板管理者へのメールやお問い合わせ窓口などを見つけて、そこを経由して削除依頼をするのです。

削除依頼する内容は具体的に書きこみ、削除依頼する理由は事実ではない誹謗中傷する書き込みがあり大変迷惑しているということ、今後内容が拡散し誹謗中傷に基づく噂やさらなる誹謗中傷が繰り返される危険性があることを訴えて依頼するということになります。

その結果、削除してもらえればいいのですが、万が一ダメな場合は警察や法務局・地方法務局に相談するなどして別の対応方法を教えてもらうことになります。

5.損害賠償請求するなら削除依頼せずに警察や弁護士に相談する

法務省の全国の法務局・地方法務局では、インターネット上の掲示板等にプライバシー侵害に当たる悪質な書き込みがなされた場合、被害者からの相談があれば掲示板等を管理するプロバイダなどに対して、削除を依頼する方法や発信者情報の開示を請求する方法など事案に応じた適切な助言も行ってくれています。

ここの場合は、裁判までは考えていないがとにかく書込みを削除したいという場合に対応するスタンスとなっていますので、このことは踏まえておくのがいいと言えます。

刑事告訴することや損害賠償請求をするというのであれば、書込みを削除してしまうと証拠がなくなってしまうので、削除はしないまま、警察や弁護士へ相談することをおすすめになります。

今では、こうしたことを踏まえて、弁護士事務所などでも、様々なケースを取り扱っているので、情報が拡散しない初期段階で相談するのも一つの方法になります。

当該記事をプリントアウトして、迷惑をこうむっている事実を説明すれば、適切な対処法をアドバイスしてもらえることにもなるはずです。

風評被害ネットより引用

1.増大サプリとED治療薬の違いって?

ヴィトックスαなどに代表される増大サプリは男性の悩みをサポートしてくれる健康食品です。
サイズに悩める男性にとって使ってみたくなるアイテムであり、すでに活用している人もいるはずです。

そして似たような存在としてED治療薬もありますが、両者はどのように違っているのでしょう。

大きな違いは、増大サプリは食品に該当する一方、ED治療薬は医薬品として扱われている点です。
食品と医薬品では効果に大きな違いがあります。

前者は食品ゆえに確実な効果があると言えないですが、後者は効果が認められていますので、男性の悩みも効果的に改善してくれる可能性があると言えます。

それならばED治療薬を中心に使った方が良さそうに思うかもしれませんが、必ずしも選択するのが良いとは言えません。
というのも医薬品には副作用のリスクが付きものだからです。

2.ED治療薬にはいくつかの副作用がある

実際にED治療薬にはいくつかの副作用があることが明らかになっています。
健康状態によっては使えない可能性もあるほどで、健康を害してしまうリスクがあることがそこからも分かります。

一方、ただの食品に分類されているヴィトックスαなどの増大サプリなら、副作用のリスクは殆どありません。
(※参考・・・ヴィトックスαは副作用はあるの?

栄養が凝縮されているだけの食品ですので、医薬品成分によるリスクを心配する必要はないのです。
安全性について異なるのが、両者のひとつの相違点であり、安全性を求めるのなら増大サプリの方がおすすめと言えるでしょう。

3.ED治療薬と増大サプリの入手方法について

入手の仕方にも違いがあります。
手間が掛かってしまうのはED治療薬です。

なぜなら薬局では売られていない薬ですので、病院に相談へ行かなければいけません。

そのため受診が必須という煩わしさがありますし、その上、男性特有の悩みについての相談へ行くわけですので、精神的に躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。

その点、増大サプリは市販されていたりネット通販で買えたりと簡便に入手することができます。
ネット通販を利用すれば誰にも知られる心配もなく安心して入手できるでしょう。

人に知られると恥ずかしいという人もいるはずですので、こっそりと入手できるのもメリットが大きいと言えそうです。

このように両者にはいくつかの違いがあります。
気軽に使えるのは増大サプリの方と言えますので、安全性を重視しながら悩みの解決をしたいという男性におすすめです。

どんな成分が含まれているのかチェックしてみる

ただ、現在では数多くの種類が登場していますから、しっかりと選んで買うようにしなければいけません。
効果がマイルドな食品ゆえに、選択の仕方次第で有効活用できるかどうかが大きく変わってくるのです。

選択の仕方のポイントについてですが、まずはどんな成分が含まれているのかチェックしてみるのがおすすめです。

パッケージの見た目が良かったり、商品説明が魅力的だったりすることで選んでしまう人もいるかもしれませんが、効果に期待のできる中身でなければ意味はありません。

したがって成分の良し悪しをしっかりとチェックすることが必要であり、どのような構成になっているのか確認してみるようにしましょう。
成分内容をチェックすると共に、どれだけの配合量になっているのかを同時に確認することも必要です。

4.成分量の割合が少ないとあまり効果に期待ができない

期待のできる成分が含まれていることが選択のひとつのポイントになるのは確かですが、ただ成分量の割合が少ないとあまり効果に期待ができません。
一定の量を摂取しないと体に上手く作用してくれませんので、きちんと確認した上で選択することが大切です。

無論、どの程度の量を摂取するのが望ましいのか、その点を理解しておくことも必要なため、ある程度は知識を備えておくようにすることも失敗しないためのコツです。

なお、中には配合量が不明瞭になっている物もあるようですが、そういった物は回避した方が無難と言えます。

不明瞭になっていることで、どれだけの配合なのか知ることができませんので不安を感じると共に、配合量に自信がないために不明にしている可能性も考えられます。

自信のある商品ならば、しっかりと情報を明示するはずですので、それがないということは何か裏があると考えるのが妥当でしょう。

5.半年程度は飲んでみないと違いを感じられない可能性が高い

続けやすい価格かどうかも選択のポイントです。
健康食品という特性上、すぐに効果が発揮されることはありません。

どの程度の継続をすれば良いかどうかは個人差もありますので一概には言えませんが、最低でも半年程度は飲んでみないと違いを感じられない可能性が高いです。

そこでしっかりと考えたいのがコスト面であり、続けられないような物ですと、効果が発揮される前に止める羽目になってしまうかもしれません。
それでは意味がありませんので、お財布と相談をしながら買いやすい物を選択するのが良いと言えます。

もちろん安さだけを重視して中身が伴なわない物を選択するのも良くないですから、ある程度の負担は覚悟する必要もあります。

ちなみに商品によっては定期コースですとお得に買える物もありますので上手に活用すると良いでしょう。
単品で買うよりも断然安く済むこともあり、続けることを前提にするのならば定期コースを利用するのがおすすめです。

仏壇がない家も増えてきている

実家にはあったけれど、今の家には仏壇がないという人はかなり多いかもしれません。
洋風の内装だから、全く合わないと思って置くのをやめてしまった人も少なくないでしょう。

確かに、和室じゃないと合わない印象はあります。
しかし、それは昔ながらのデザインだからです。
最近はかなりモダンなデザインも多くなったので仏具屋さんに足を運んでみませんか。

仏具屋さんに行くと昔ながらのデザインが少なくなっており、むしろ一見タンスか何かにしか見えないデザインの方が多くなったと思うでしょう。
マンションに住んでいる人にもぴったりなあまり大きくないサイズも多数そろえているはずです。

今の住宅事情に合わせているからです。
和室が一つもない家も多くなりましたし、生活している上で常に仏壇を見るのもちょっとと言う人もいるでしょう。
人を家に呼んだ時のことを考えて扉を閉めるとタンスにしか見えないデザインは人気があります。

仏壇は家の中に置けるお寺の役割

お墓があるからそれだけで十分だと思っている人も少なくないかもしれません。
仏壇は仏様を祀る場所です。

仏教では人は亡くなると仏になるのでご先祖様を祀る場所でもあります。
各宗派の本山の形を模して作られており、家の中に置けるお寺の役割をしています。
中にはお位牌を置いたり、線香を立てたりしていますし、やはり家の中にあった方が良いのではないでしょうか。

どのような意味があるものかを知ると、今は家に置いていない人も買ったほうが良いかもしれないと思いませんか。
亡くなった親族のお位牌があるのならば、なおさらあった方が良いです。
きっと、亡くなった方もそのほうが安心できるのではないでしょうか。

ペット用仏壇も販売されている

最近はペットのために購入する人もいます。
ペット用仏壇も販売されているほどです。
ペットを飼う人がとても多くなり、立派な家族の一員として考えている人が多くなったこともあって販売されるようになったのかもしれません。

愛犬や愛猫などがいるのならば将来的にはペットのために購入することまで考えてみるのも良いのかもしれません。

洋式の家が増えたこともあって持っていない人がとても多くなりました。
少々寂しいことかもしれません。

洋室にも合うデザインを選んでご先祖様のために仏壇を家に置きませんか。
小さくても大きくても意味合いが変わるわけではありません。

人だけではなく、ペット用を持っている人もいますから、ご先祖様のことを考えて購入を検討しましょう。
あったほうがよりご先祖様を大切にする心が養われるはずです。

仏壇通販専門店 光雲堂より

オンラインカジノ誕生の歴史

オンラインカジノは、1990年代にスタートしたインターネットのサービスです。
内容はネーミングが示している通りに、スロットマシンやポーカーなどのお馴染みのゲームをインターネットを通して参加するというもので、見事にジャックポットを引き当てれば一攫千金も夢ではありません。

このために、単なるオンラインゲームとは比較にならないほどハラハラドキドキできるので、世界全体でのユーザー数は3,000万人を超えていると言われています。

このような流れは当然日本にも波及しており、様々なメディアで紹介される機会も年々増加中です。
2012年には、「WildJungle Casino」というオンラインカジノのGold Rallyというゲームで日本人がジャックポットを引き当て、約1億2,700万円を獲得したこともニュースとなっています。

ちなみに、国内のオンラインカジノのユーザー数は、10万人前後と推測されています。

※おすすめ・・・ベラジョンカジノ徹底解説 2018年~入出金・ボーナス・評判~

日本では公営以外のギャンブルは認められていない

なお、日本では競馬・競輪・競艇などの公営以外のギャンブルは認められておらず、これら以外のゲームにお金を賭けた場合は賭博及び富くじに関する罪が適用されます。
このために、国内の業者が運営しているオンラインカジノで遊んだ場合は行政処分の対象となるのですが、海外の業者が運営しているものに関しては基本的には罪に問われることはありません。

何故なら、ギャンブルに適用される賭博及び富くじに関する罪は、客と胴元の双方の協力により成立する対向犯として規定されているからです。
つまり、どちらか一方だけの責任を追及することは出来ないので、その国から正式なライセンスを取得して営業している海外の業者を摘発できない以上は、国内のユーザーだけを捕まえることも出来ないということです。

「スマートライブカジノ」で遊んでいたユーザー3人が逮捕された事件

ちなみに2016年の3月には、イギリスの企業が運営している「スマートライブカジノ」で遊んでいたユーザー3人が逮捕されるという事件が発生したのですが、これはディーラーが日本人だった上に日本時間に合わせて営業していたというかなり特殊な形態だったことが原因となっています。
しかも、逮捕された3名の内の2名は全く公判で争わなかったために略式起訴になったのですが、争うことを選択した残りの1名は2017年の1月に不起訴となっています。

つまり、明らかに日本人向けにサービスを提供しているようなものであっても外国の業者が運営しているオンラインカジノであれば、国内のユーザーだけの罪を問うのは不当であるということです。
未だにこの辺りの法整備は明確な形で進められていないために、かなりの部分はグレーゾーンのままですが、逮捕された3名の内の2名が略式起訴で残りの1名が不起訴になったという国内初の事案は今後にかなり大きな影響を及ぼすと推測されます。

オンラインカジノがらみで有罪判決が出たケース

なお、オンラインカジノがらみで有罪判決が出たケースは実は1件あるのですが、これはライセンスを取得しているのは海外法人でありながら実業務は日本で行われていたためで、日本の業者が運営しているものと判断されたということです。
このケースではユーザーではなく運営側が逮捕されており、実質上の運営者が懲役3年(執行猶予4年)で罰金750万円、従業員2名が懲役1年6ヵ月(執行猶予3年)という判決が言い渡されています。

これらのことから考えると、店舗型の場合は海外の業者が運営しているものであっても100%安全というわけではありませんか、個人が自宅から海外業者のサイトにアクセスしてギャンブルを楽しむ限りにおいては、罪に問われるようなリスクはほとんどないということになります。
また、多くのサイトでは入会時に無料でチップをプレゼントするなどのサービスを提供しており、お金を掛けずに楽しむことも可能です。

全保連に代表される家賃保証会社とは

家賃保証会社とは、賃貸住宅の入居に必要になることがあります。
入居をした契約者が家賃を支払えなくなった際に、代わりに弁済をする会社です。

以前は家族や親族に依頼して保証人を立てることで、人物や家賃の保証が可能になりました。
しかし、核家族化が進んだ現代では保証人を依頼できる人がいなかったり、迷惑をかけてしまうことを考えて頼むことができなかったりすることがあります。

水商売などの収入が一定していないと見なされがちな職業の方でも入居が認められやすい側面もあります。
どちらかと言うと貸し主が家賃が支払われないリスクを軽減するために求められるサービスです。

保証人を立てる代わりに全保連などの家賃保証会社との契約を締結するケースが増えています。

申込をするには、保証の申込書と収入を証明する書類、賃貸借契約書の仮申込書等が必要になります。
不動産会社で一式揃えられているので、用紙の記入と印鑑を押せば、担当者が全て相手先に提出するのがほとんどです。

家賃の滞納をした問題がなければ、家賃保証会社と直接やり取りをすることはまずありません。

初期費用と一緒に保証料金の支払いをする

不動産会社と貸し室の契約をする際に、初期費用と一緒に保証料金の支払いをします。
料金の相場は1ヶ月の賃料の3割程度~全額くらいになり、契約者の信用情報や属性などによっても違いがあると言われています。
入居時には保証会社から審査をされることがありますが、認められない場合は、入居が難しくなることもあるのです。

保証会社によっては、審査に通りにくくなる心配があります。
例えば、信販会社が保証業務を行っている場合に過去に債務整理を行っている方は落とされる可能性があるのです。

信販会社はショッピングの分割払いの斡旋やクレジットカードの発行を行っている金融機関です。
過去にその信販会社が審査や保証業務を担当するカードローンやクレジットカードで返済ができずに債務整理をした場合に、その記録が社内情報として残っていることがあります。

また、信用情報の確認が行われるので、規定の年数が経っていないと異動情報が記載されていることもあります。
金融事故を起こしていることが判明すると、審査に通る可能性は非常に低くなるでしょう。

家を借りるのを想定しているのであれば、日頃からクレジットカードや携帯電話等の分割払いで滞納や未払いをしないとか、キャッシングなどを使い過ぎずに計画的に利用するというのも大切です。

信販系ではない独立系の保証会社も存在する

金融関係でトラブルを起こしている方は家を借りるのが難しいのかと落ち込むことはありません。
家賃保証会社には2種類あり、信販系ではない独立系の保証会社も存在します。

不動産の審査のみに特化した所も多く、信用情報を閲覧しないために過去の滞納歴や金融事故情報を考慮しない所もあるので、申込をする前に不動産会社に相談してみるといいでしょう。

信販系でないと借りられない賃貸物件もありますが、独立系でも構わないとする貸し室もあり考慮してもらえるケースも多いです。
可能であれば、不動産会社によっては保証人を立てることで貸し主との話し合いで許可されることもあります。
貸し室を選ぶ際に、家賃が月収の4ヶ月くらいの所を選ぶと審査に通りやすくなるとも言われているので、参考にするといいでしょう。

保証会社の役割は、滞納された家賃を取り立てをすることです。
払えなかった分は会社から立て替え払いがされますので、支払先がそちらに変わることになります。

滞納した分をしっかりと取り戻さないと利益にならないために、貸し主よりも厳しくなることも予想されます。
しかし、早めに連絡をして対処したり、確実に支払える日を約束したりすれば、丁寧に対応する会社が多いです。
中には約束した日付を守らないと直接家まで出向く会社もあるので、真摯に対応する必要があるでしょう。

滞納の際の訴訟について

長期間の滞納がある場合は、家賃保証会社からは直接訴訟されることはありません。
貸し主と借り主との賃貸契約になり、直接契約をしていないからです。

貸し主の負担を少なくするため訴訟費用のサポートをしたり、借り主を強制退去させた場合の処理費用や原状回復の金額を負担します。
一般的に滞納をした場合には、保証会社から電話やはがきなどで支払いが済んでいないことの通知があります。

その時点でなにも行動に移さない場合は、正式な催促状が届きます。
1~3ヶ月程度経つと貸し室の明け渡しのために訴訟準備が行われます。

貸し主の名義で賃貸借契約解除予告書が送付されて訴訟されるでしょう。
請求を裁判所が認めると強制退去や費用を納めるための差し押さえなどが行われます。

家賃保証会社を利用している場合には、期日を守って粛々と行われるため、少し待って欲しいとか分割で払いたいという希望を出したとしても認められることはほとんどありません。

裁判費用を会社側で負担することから3ヶ月くらいで訴訟に踏み切ることが多いです。
滞納している場合は、その期間内に対処するしかありません。

ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債権を代わりに受け取って、その決められたサービス料金を受け取る代わりに売掛債権をしっかりと取引企業に渡すためのサービス事業のことです。

企業が経営を好転させるためには、至極当然ですが企業と企業が商品取引を円滑に成功させて商品を作り出し消費者に届く流れが大事です。
特に企業と企業が商品取引がターニングポイントであり、好転のためには経営が安定する商品の数量を生み出して売ることです。

そのためには大量の部品が必要になるのですが、そのために購入費は多額の費用が必要になるためすぐに用意できるものではないです。
そこで用意するのが売掛債権であり、これはすぐに用意できない資金を後で支払う約束手形として発行し期日が来たらまとめて支払うという形にする方法です。

売掛債権にはリスクもある

この売掛債権という形をとることで、即座に資金を用意できなくても部品購入ができるのと相手側からすれば後で資金が手に入るので経営計画を練ることに役に立てます。
そのため相互利益の観点から大事な仕組みですが、ただ売掛債権にはリスクもあることを忘れてはいけないことがあります。

そもそも売掛債権は商品を迅速に作るために後日に支払ってもらうという形です。
この問題は後日であるため一番避けたいのが相手の企業の経営状況が悪いのに取引をしてしまうと、その売掛債権が不渡りとなり利益にならない不測の事態が起きる場合があります。

その原因は経営状況を知るためには常に相手側の情報収集が欠かせないのですが、ただ企業の経営に忙しいとその情報収集を怠ってしまうことがあるのです。
そして気づいた時には相手側の企業が売掛債権を支払える能力を失ってしまい不渡りになると、その企業が支払った資金が手に入らないのでマイナスの利益になってしまいます。

ファクタリングでうまく売掛債権を回収する

この不渡りは額が大きければ大きいほどマイナス面が強いので、企業の経営が安定しているのであれば耐えることもできますが起死回生のために行った事業であれば不渡りによって倒産も考えられます。
そこでファクタリングの出番なのです。

ファクタリングはうまく売掛債権を回収することが目的のサービス事業なので、常に情報収集をして様々な企業の経営状況を把握します。
そのうえで契約した後は、その売掛債権がしっかりと受け取りが可能になるために企業と企業が商品取引をする際に代理として銀行や証券会社で変換を行ってくれます。

そして相手側企業の経営が悪化している場合には、まだ売掛債権に価値がある段階で申告し返還を促すことでダメージ軽減を行ってくれるのがメリットです。

ファクタリングより引用

電力会社を自由に選べる時代に

電気は生活する上でとても大事ですが、電力会社はこれまで地域独占状態でした。
自分が住んでいる地域にある電力会社を使わなくてはならないので、自由に選ぶことができませんでした。
大口契約の場合は例外ではありましたが、個人での契約は長年自由に決めることができなかったのです。

海外ではそういうことはなく、自分で自由に電力会社を選ぶことができるようになっていました。
これを電力自由化と呼びますが、ようやく日本でも導入されました。
テレビや新聞でもよく取り上げられていたので、聞いたことがある人は多いでしょう。

しかし、電力会社を自由に選べるようになったからと言って、乗り換えた人はそれほど多くはありません。
実は、海外でも同様で、電力自由化を導入したけれど、これまでと同じ電力会社を使い続けている人がほとんどでした。
比較的日本は乗り換える人が多い方ですが、それでも数パーセント程度でしょう。
まずは様子見と思って乗り換えなかったという人が大半を占めます。

手続きは必要だが乗り換えの価値あり

せっかくよりお得に電気を使えるようになる仕組みになったのに、もったいないとは思いませんか。
月々の電気代が高いと感じている人は乗り換えを真剣に検討しましょう。
乗り換えたところであまり電気代が変わらないのではと思っていたり、面倒な手続きが必要だと思っているのではないでしょうか。

確かに、手続きは必要です。
違う電力会社と契約するので多少の手間はかかりますが、乗り換えてしまえばもう手間はかかりません。
この少しの手間をかけることで、月々の電気代を節約できるのであればやってみませんか。

今後ますます上がる電気代の問題をどう対処するか

今、日本にはたくさんの電力会社があります。
以前は、地域独占企業くらいだったので電気代の競争がありませんでした。
だから、高くても他の会社が使えるわけではないのでそのまま同じ電力会社と契約し続けなくてはならなかったのです。
競争する会社がないと価格を下げる必要もありません。

現在の日本は火力発電が大半を占めています。
もともと火力発電が多かったのですが、原発事故によってより火力発電の割合が高くなったからです。
日本は自前で燃料を用意できませんから、輸入しなくてはなりません。
燃料の価格が上がれば電気代も上がってしまうので、家計を圧迫することもあります。
すでに、電気代に頭を悩ませている家庭はたくさんあるでしょう。

自然の力を使った再生可能エネルギーもありますが、不安定な上に費用が掛かることもあってなかなか前に進んでいません。
ただ、新規参入した電力会社の中には再生可能エネルギー力を入れているところもあります。
なるべく再生可能エネルギーを使いたいと思っている人は多いでしょう。
そういう人は、このような電力会社と契約すると良いかもしれません。

乗り換えても電気の供給は安定して行われる

今使っている電力会社から他社へ乗り換えると電気を安定的に使えなくなるのではという懸念がありませんか。
これまでと同じように安定的に電気を使い続けられるので問題ありません。
万が一、契約している電力会社が倒産したとしても、地域の大手電力会社が送電を続けてくれますから、突然電気が使えなくなることもないので安心して乗り換えられます。

実際に、乗り換えようと思って調べてみるとあまりにも新規参入業者の数が多すぎて、どこに決めて良いのか迷ってしまうかもしれません。
自分が住んでいる地域の新規参入業者だけでもたくさんある場合は、比較から始めましょう。

自分がよく使うお店も参入しているかもしれません。
お店に限らず鉄道や通信会社、ガス会社まで参入しています。
すでに自分が使っている会社に乗り換えると、いろいろな料金をまとめて支払えるようになるために、かなり電気代を抑えることができます。

自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶこと

電力自由化によって価格競争が起こったために、利用者にとってはメリットがたくさんあるように思いませんか。
それが目的でしたが、必ずしもメリットばかりとは言い切れません。
もしかしたら、電気代が高くなるかもしれないので気を付けて乗り換えてください。

興味のある電力会社だけではなく、今使っている電力会社の他のプランについても調べたほうが良いです。
たくさんのプランを用意していることもあるので、自分のライフスタイルに合わせて選び直すだけでも節約できるかもしれません。

価格競争が起こったことで、既存の大手電力会社もよりお得に電気を利用してもらおうと思って新しいプランを用意したからです。
これまでは、地域独占状態だったのでこのような事態は全く考えられませんでしたが、これこそ電力自由化の恩恵ではないでしょうか。

燃料代が上がると電気代も上がることが当たり前でしたが、価格競争が起こっていますので、他社にすれば節約できると思ったら乗り換えてみませんか。
インターネットサイト上で価格シミュレーションを行うこともできるので、いくらくらいこれまでよりも電気代を抑えられるのかもわかります。
今の電力会社のままにするのか、乗り換えるのかを考えてみましょう。

 

参考文献

ネオ・コーポレーション
電力の小売全面自由化って何?

居酒屋の利用について

友人や恋人、あるいは同僚などと居酒屋へ行く場合は、そこまで選び方に悩むことも少ないでしょう。

口コミでも参考にしながらそれなりのところを簡単に見付けることができます。

ところが幹事の役を担った場合は話が違ってきます。

時には沢山の人が参加することになる上、もしも会社の集まりですと上司や先輩などもいるでしょうから気合も入れなければいけません。

チョイスが最悪だったと評価されたら居心地も良くないものです。

そんな失敗をしないためにはポイントを押さえた選び方が大切です。

まず、できればアンドモワ系列のような個室を選ぶようにした方が良いでしょう。

集まりとなると賑やかになりやすいものですが、オープンなところですと周りの目が気になりやすいですし、また迷惑にならないことも考えなければいけません。

個室ですと全然雰囲気が違ってくるものであり、ワイワイと楽しみながら飲みやすいでしょう。

ただ、アンドモワ系列の個室は人気ですから早めに押さえておくことが大切です。

良いお店がすでに埋まっていたというパターンは辛いですから、幹事をやることになったら速やかに居酒屋探しを開始するのがベターと言えます。

コース内容をしっかりとチェックしておくことも重要です。

所定の内容で料理が用意されているコースは便利ですので、集まりの時にも利用されることが多いです。

ところがコース内容が良くないケースも少なくありません。

例えば10品以上で沢山の料理を楽しめるのかと思いきや、枝豆やポテトチップスなどが1品として数えられていることもあるのです。

結果的にチープなコース内容に感じられてしまい、参加者からもブーイングが起こるかもしれません。

入念なチェックを行っておくのが安心

そうした失敗をしないためにも事前に入念なチェックを行っておくのが安心です。

もし余裕がある場合は一度自ら利用してみるのも良いでしょう。

特に絶対に失敗はしたくない時にはメニュー内容以外にも、味やサービスを確認するという意味でも体験しておくと成功させやすいです。

料理のジャンルについてよく考えてみることも大切です。

ジャンルによって楽しみ方が全然違ってきますし、参加する人たちからのウケの良し悪しにも影響します。

どのような食事を楽しめた方が良いのかについては、参加者の年齢や性別を踏まえて選択するようにしましょう。

出典元:アンドモワ

例えば年配の人や女性が多いのなら、あまり油っこい物ばかりのところですと食べにくいです。

反対に若い男性が多いのならヘルシー志向ですと物足りなさを感じさせてしまいます。

ただ、時には年齢層が幅広く男性も女性も半数くらいの割合になることもあるはずです。

そのような場合はいっそのことバイキングやビュッフェスタイルを選択するのもアリかもしれません。

料理のジャンルにも対応しやすくメニューも豊富です。

決まったメニューが出されるよりも、好き好きに楽しんでもらった方が満足度は高くなりやすいですから、ひとつのプランとして考えてみると良いでしょう。

ドリンクメニューについてもチェックが必要です。

飲む人が多い場合はアルコールの種類が豊富ですと喜ばれます。

選ぶ楽しさがないとつまらなく感じさせますので、飲み物は豊富で様々な好みに対応しやすいのか確認しておくと安心と言えます。

また、飲み放題を利用する場合は対象となるアルコールの内容もチェックしておくのがおすすめです。

選べる種類が少ないと損な気分にさせてしまいます。

中にはアルコールがダメな人もいますので、そういった人向けの飲み物も考慮してあげると親切です。

会費に対しての配慮も必要

会費に対して不満の声が出ないように工夫を凝らすことも心掛けたいことのひとつです。

費用を参加者が負担する以上、あまり金額が大きくなると批判が生まれるかもしれません。

だからといってあまり安過ぎるところですと、クオリティが低くなりますのでそれもまた良くないでしょう。

その点についてはそれとなく懐事情を考慮しながら、適切な費用で準備を進める必要があります。

アンドモワ系列のお店などは料理内容とコストバランスが絶妙で、あらゆるケースでおすすめできるかと思います。

もしランクを落とすのが厳しい時には、上司に相談をしてみるのも良いかもしれません。

多少は多めに負担をしてくれることもあるはずですから、事情を説明して協力的になってもらうのもひとつの手です。

参加者の負担にならない場所を選ぶことも大切です。

近くに住んでいる人なら良いのですが、中には遠方から参加する人もいることでしょう。

移動に手間が掛かったり費用が発生するようですと負担になり得ます。

また、電車を利用している人ならば終電の心配もありますから、途中退席をさせてしまうことにもなりかねません。

移動に際しての配慮もできていた方が幹事としては優秀ですので、行き帰りがしやすい場所なのかも踏まえて考えるようにしましょう。

なお、二次会が開かれることもあると思われますが、その際の移動も楽ですと喜ばれやすいです。

したがって近くに別のアンドモワの居酒屋などがあると便利です。

幹事になると沢山の問題を考慮しながら居酒屋選びをしなければいけません。

苦労もありますから大変ではあるものの、しかしながらちゃんとポイントを踏まえておけば選ぶべき居酒屋も見付かりやすくなるでしょう。