コンテンツへスキップ

資生堂のHAKU、エリクシールホワイトの紹介

美白化粧品のエリクシールホワイト

エリクシールホワイトは、資生堂が販売する美白用のスキンケア化粧品です。

加齢とともに気になってきた肌に効き目があります。

日差しに含まれる紫外線ダメージを回復させたり、抑えるなど有効に活用することができます。

シミやそばかす、くすみなどに悩む人には最適なスキンケア化粧品です。

美白化粧水は、1~3の3種類が用意されています。

1がさっぱり系、2はしっとり系です。

最後の3は2よりもさらにしっとりとした化粧水になります。

1のさっぱり系は、肌に馴染みやすい成分が使われており、角質層に素早く浸透してくれます。

使い心地はサラッとしていて、脂性肌の人でも使いやすい化粧水です。

2のしっとり系はとろみがついており、肌にフィットする感覚が優れています。

とろみの力で肌表面から潤いをキープすることが可能です。

3は2よりもさらに濃厚なしっとり感を持ちます。

反発力を持っており、乾燥して硬くなった肌をほぐしながら、滑らかにしてくれます。

3種類のうち、どれを使ったらよいのかわからなければ、資生堂のエリクシールホワイト公式サイトにある、診断を利用してみましょう。

美白乳液もセットで使いたいところです。

これも化粧水と同様に、3種類の質感が用意されています。

細胞間脂質を整える働きをもっており、ケラチン繊維の質を保ちながら、肌のうるおい感をさらに高めてくれます。

紫外線の害を避けるためには、エリクシールホワイトの日中用の美白美容乳液が役に立ちます。

SPF30のものと、SPF50プラスの2種類が存在します。

短時間の買い物など、ちょっとした外出時には、SPF30のもので十分な効果が得られます。

日差しが強い中で、活動したい場合には、強力なSPF50プラスを使用するとよいでしょう。

この美白美容乳液ならば、日焼け止めとしての効果だけでなく、乳液や化粧下地としても使うことが可能です。

さらにしっかりとケアしたいなら、エリクシールホワイトの美白ジェルクリームを使うことをおすすめします。

美白をしたいならHAKUの化粧水

美白をしたい女性は「できてしまったシミが目立たなくなるようになる化粧品が欲しい」、「新しいシミができないでほしい」と願うものです。

そのどちらの希望も叶う化粧品がHAKUです。

美容液のみの販売だったHAKUに化粧水と乳液が誕生したことでより効果を期待できるようになりました。

ラインで使う事ができるようになることで美白への期待が高まり、今までHAKうを使う事をためらっていた女性も使いやすくなりました。

美白化粧水はMSkがメラニン色素の過剰生成を抑制し、ソフニングリリーサーがうるおいを与えてふきとることでメラニンを含んだ角層を除去することができます。

つまりシミやクスミなどの原因となるメラニン色素が過剰に生成しないようにすることで、シミやクスミができにくい肌にすること。

メラニンを含んだ角層を除去することでこれからできてしまう新しいシミやクスミができないように除去することができるのです。

美白美容液、美白マスク、美白化粧水、美白乳液をラインで使う事でより美白への効果が高くなります。

美白だけすればいいというわけではなく、美白のためには保湿もとても大切です。

肌にしっかりとうるおいを与えるHAKUの化粧水は肌に潤いを与え紫外線などの外的な刺激で硬く厚くなってしまった角質を改善することで有効成分を吸収しやすい肌へと整えていきます。

どんなにいい成分でも肌が吸収できないのでは意味がありません。

肌に潤いを与えながら肌に負担をかけることなく角層を拭き取ることができるので有効成分がしっかりと肌に吸収されるようになるのです。

透明感があり、ハリ・つやのある肌へと生まれ変わることができるのです。

潤いのある肌は、肌バリア―がしっかりと機能するようになることで紫外線などの外的刺激を受けにくくなります。

HAKUの化粧水の美容成分の効果に加え、外的刺激を受けにくになるという事でよりシミやクスミができにくい肌となるのです。

→資生堂HAKUの口コミ/化粧水や美容液の効果は?