コンテンツへスキップ

電力自由化で自由に電力会社が選べる

電力会社を自由に選べる時代に

電気は生活する上でとても大事ですが、電力会社はこれまで地域独占状態でした。
自分が住んでいる地域にある電力会社を使わなくてはならないので、自由に選ぶことができませんでした。
大口契約の場合は例外ではありましたが、個人での契約は長年自由に決めることができなかったのです。

海外ではそういうことはなく、自分で自由に電力会社を選ぶことができるようになっていました。
これを電力自由化と呼びますが、ようやく日本でも導入されました。
テレビや新聞でもよく取り上げられていたので、聞いたことがある人は多いでしょう。

しかし、電力会社を自由に選べるようになったからと言って、乗り換えた人はそれほど多くはありません。
実は、海外でも同様で、電力自由化を導入したけれど、これまでと同じ電力会社を使い続けている人がほとんどでした。
比較的日本は乗り換える人が多い方ですが、それでも数パーセント程度でしょう。
まずは様子見と思って乗り換えなかったという人が大半を占めます。

手続きは必要だが乗り換えの価値あり

せっかくよりお得に電気を使えるようになる仕組みになったのに、もったいないとは思いませんか。
月々の電気代が高いと感じている人は乗り換えを真剣に検討しましょう。
乗り換えたところであまり電気代が変わらないのではと思っていたり、面倒な手続きが必要だと思っているのではないでしょうか。

確かに、手続きは必要です。
違う電力会社と契約するので多少の手間はかかりますが、乗り換えてしまえばもう手間はかかりません。
この少しの手間をかけることで、月々の電気代を節約できるのであればやってみませんか。

今後ますます上がる電気代の問題をどう対処するか

今、日本にはたくさんの電力会社があります。
以前は、地域独占企業くらいだったので電気代の競争がありませんでした。
だから、高くても他の会社が使えるわけではないのでそのまま同じ電力会社と契約し続けなくてはならなかったのです。
競争する会社がないと価格を下げる必要もありません。

現在の日本は火力発電が大半を占めています。
もともと火力発電が多かったのですが、原発事故によってより火力発電の割合が高くなったからです。
日本は自前で燃料を用意できませんから、輸入しなくてはなりません。
燃料の価格が上がれば電気代も上がってしまうので、家計を圧迫することもあります。
すでに、電気代に頭を悩ませている家庭はたくさんあるでしょう。

自然の力を使った再生可能エネルギーもありますが、不安定な上に費用が掛かることもあってなかなか前に進んでいません。
ただ、新規参入した電力会社の中には再生可能エネルギー力を入れているところもあります。
なるべく再生可能エネルギーを使いたいと思っている人は多いでしょう。
そういう人は、このような電力会社と契約すると良いかもしれません。

乗り換えても電気の供給は安定して行われる

今使っている電力会社から他社へ乗り換えると電気を安定的に使えなくなるのではという懸念がありませんか。
これまでと同じように安定的に電気を使い続けられるので問題ありません。
万が一、契約している電力会社が倒産したとしても、地域の大手電力会社が送電を続けてくれますから、突然電気が使えなくなることもないので安心して乗り換えられます。

実際に、乗り換えようと思って調べてみるとあまりにも新規参入業者の数が多すぎて、どこに決めて良いのか迷ってしまうかもしれません。
自分が住んでいる地域の新規参入業者だけでもたくさんある場合は、比較から始めましょう。

自分がよく使うお店も参入しているかもしれません。
お店に限らず鉄道や通信会社、ガス会社まで参入しています。
すでに自分が使っている会社に乗り換えると、いろいろな料金をまとめて支払えるようになるために、かなり電気代を抑えることができます。

自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶこと

電力自由化によって価格競争が起こったために、利用者にとってはメリットがたくさんあるように思いませんか。
それが目的でしたが、必ずしもメリットばかりとは言い切れません。
もしかしたら、電気代が高くなるかもしれないので気を付けて乗り換えてください。

興味のある電力会社だけではなく、今使っている電力会社の他のプランについても調べたほうが良いです。
たくさんのプランを用意していることもあるので、自分のライフスタイルに合わせて選び直すだけでも節約できるかもしれません。

価格競争が起こったことで、既存の大手電力会社もよりお得に電気を利用してもらおうと思って新しいプランを用意したからです。
これまでは、地域独占状態だったのでこのような事態は全く考えられませんでしたが、これこそ電力自由化の恩恵ではないでしょうか。

燃料代が上がると電気代も上がることが当たり前でしたが、価格競争が起こっていますので、他社にすれば節約できると思ったら乗り換えてみませんか。
インターネットサイト上で価格シミュレーションを行うこともできるので、いくらくらいこれまでよりも電気代を抑えられるのかもわかります。
今の電力会社のままにするのか、乗り換えるのかを考えてみましょう。

 

参考文献

ネオ・コーポレーション
電力の小売全面自由化って何?