コンテンツへスキップ

企業経営を支えるファクタリング

ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債権を代わりに受け取って、その決められたサービス料金を受け取る代わりに売掛債権をしっかりと取引企業に渡すためのサービス事業のことです。

企業が経営を好転させるためには、至極当然ですが企業と企業が商品取引を円滑に成功させて商品を作り出し消費者に届く流れが大事です。
特に企業と企業が商品取引がターニングポイントであり、好転のためには経営が安定する商品の数量を生み出して売ることです。

そのためには大量の部品が必要になるのですが、そのために購入費は多額の費用が必要になるためすぐに用意できるものではないです。
そこで用意するのが売掛債権であり、これはすぐに用意できない資金を後で支払う約束手形として発行し期日が来たらまとめて支払うという形にする方法です。

売掛債権にはリスクもある

この売掛債権という形をとることで、即座に資金を用意できなくても部品購入ができるのと相手側からすれば後で資金が手に入るので経営計画を練ることに役に立てます。
そのため相互利益の観点から大事な仕組みですが、ただ売掛債権にはリスクもあることを忘れてはいけないことがあります。

そもそも売掛債権は商品を迅速に作るために後日に支払ってもらうという形です。
この問題は後日であるため一番避けたいのが相手の企業の経営状況が悪いのに取引をしてしまうと、その売掛債権が不渡りとなり利益にならない不測の事態が起きる場合があります。

その原因は経営状況を知るためには常に相手側の情報収集が欠かせないのですが、ただ企業の経営に忙しいとその情報収集を怠ってしまうことがあるのです。
そして気づいた時には相手側の企業が売掛債権を支払える能力を失ってしまい不渡りになると、その企業が支払った資金が手に入らないのでマイナスの利益になってしまいます。

ファクタリングでうまく売掛債権を回収する

この不渡りは額が大きければ大きいほどマイナス面が強いので、企業の経営が安定しているのであれば耐えることもできますが起死回生のために行った事業であれば不渡りによって倒産も考えられます。
そこでファクタリングの出番なのです。

ファクタリングはうまく売掛債権を回収することが目的のサービス事業なので、常に情報収集をして様々な企業の経営状況を把握します。
そのうえで契約した後は、その売掛債権がしっかりと受け取りが可能になるために企業と企業が商品取引をする際に代理として銀行や証券会社で変換を行ってくれます。

そして相手側企業の経営が悪化している場合には、まだ売掛債権に価値がある段階で申告し返還を促すことでダメージ軽減を行ってくれるのがメリットです。

ファクタリングより引用