コンテンツへスキップ

契約書はデジタルデータが当たり前?

これまでは契約書の作成は紙でするという事が当然の社会ではありましたが、既にこれは過去のものとなって来ていると考えていいでしょう。
今は既に契約書はデジタルデータが当たり前になっているという事です。

ハンコも当然これに伴って変わっていて、今は電子承認というものが当たり前のようになっているという事が特徴的といって良いのかもしれません。

電子承認の優れているところは、ハンコのように偽造することが極めて難しいという事がある事でしょう。

それでもリスクをゼロにするという事は出来ませんが、まずは電子承認をする時の端末の使用時の本人確認から始まって、更には自分で電子承認を確認、そして電子書類の確認というような事もありますから、偽造が極めて難しいという事になっている事は間違いありません。

紙の場合は契約書の偽造も簡単に出来ますし、ハンコの偽造も簡単ですから、セキュリティー的に極めて脆弱であったという事は間違いありません。
その為に、この脆弱さを利用しての犯罪というのがいくらでも出来たという事も歴史的にはあったわけです。

ですが、このデジタル社会になったことで、こうした偽造が極めて難しい状態になったという事は大きな意味があると考えていいでしょう。
契約者を守るという意味でもですが、これによって社会的にも安全になるという事も考えられます。

偽造のような事が簡単に出来るということになれば、人を信用することがなかなか出来ない状態になりますから、そのような事になれば、まず簡単に契約をするという事が出来なくなります。

当然人々の行動は限定されていく事になりますから、経済が委縮してなかなか前に進むことが出来ない事になるという事も考えられるのが、この紙の契約社会という事にもなるでしょう。
これを変えることが出来るのがデジタル社会という事にもなるのかもしれません。

契約書の管理が厳重に出来かつ利用しやすい

既に、この世の中はこのデジタル社会によって大きく変わろうとしていますから、契約も当然これによって変わるという事を考えていかなければなりません。
特に、この契約書の管理が厳重に出来て、それでいて利用する時にもし易いというのは極めて意味があると考えてもいいでしょう。

契約をする人からすると、これほどありがたい事はありません。
何故なら、契約はそれをする事自体に意味があるのではなく、それを人に見せて効果を発揮してもらう事で初めて意味を持つことになるわけです。
この事はこれまでの紙による契約社会のロスを見ればわかるというもの。

例えば、企業のビジネスマンが商談をしている時に、ある契約書が無いという事で、次の契約をする事がそのままでは出来ないという事で、契約書を取りに帰ったり、宅急便で送ってもらうという事も無いわけではありませんでした。

これは契約社会では当たり前のことですが、契約をしっかりと確認しなければ、更に突き詰めた契約をする事は出来ないという慎重な考え方によるものです。
当然時間はロスすることになりますから、これが経済的にマイナスに働くことは当然の事という事になるでしょう。

雇用契約書(正社員)作成について!書き方や注意点を弁護士がチェック【雛形ダウンロード付】

その一方でこれがデジタルデータでネットのクラウド上にあるということになればどうでしょう。
取りに帰るというような事は必要ありませんし、その場で見てもらう事が出来るので商談もその場で終わるという事が可能になります。

デジタル社会では出張に行くという事すら不要になると考えてもいいような時代ですから、紙を持ち歩くというような事すらする必要はありません。
これが如何にビジネスや様々なところで効率的に働くのかという事は言うまでもない事でしょう。
後はこれをどう活かすのかという事が問題になるだけです。

デジタルデータを如何に活かすのかという事を問われる社会に

ネット社会では様々な事を個人も契約をするようになっています。
有料放送を見るというような契約もあれば、何かのアプリを利用するというような時も契約をする事ニラなります。

という事になれば、それらを紙でしているととんでもない時間を使わなければならないという事になります。
別に御社のサービスを利用しますというだけの事なのですが、その為に、不要な時間を使うというのはいかにも効率が悪いという事になるでしょう。

紙の時代は既に終わっていて、後はデジタルデータを如何に活かすのかという事を問われる社会に今はもうなっているという事です。
という事は、紙媒体を利用しているところは既に自分達がビジネスでは大きく立ち遅れているという事を考えなければなりません。

紙を印刷していたり運んだりしている時に、ライバル会社はネットで様々な情報発信をしていて、さらなる顧客獲得をしているという事ですから、そのような事をしている場合なのかどうかという事を真剣に考える必要があるといっても良いかもしれません。

既に紙を利用しているという時点で大きなハンディキャップを背負ってビジネスをしていると考えなければならない時代に入ったといえるはずで、その事はすぐに業績に出てくる事になるはずです。